春限定・カキ菜のパスタ(マヨ・マスタード風味)

春限定カキ菜の新芽を使ったマスタード・マヨネーズ風味のパスタを紹介。
この思いつき創作パスタ、これは旨いです。
カキ菜・マスタード・マヨネーズのコラボした味を想像してみてください。
想像できるかな?食べたことないと無理ですね。
DSC_0252

***レシピ***
日本のからしは何から出来るか知っていますか、からし菜て知っていますか?
菜の花、チンゲン菜、大根、蕪等、花が咲く手前のつぼみの時はすごくおいしいです。
少しからしの香りがします。そこでマスタード風味が合うんです。

作り方 初めてなので基本から

  1. フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにく、唐辛子を弱火で香りを移します。
  2. 次にパスタをゆでる鍋で、カキ菜を軽くゆでます。
    (炒めるのでゆで過ぎないように注意します。)
    カキ菜の風味が溶け込んだゆで汁が出来ます。
    ゆで汁でパスタをゆでることによって、パスタに香りが付きます。
  3. フライパンにゆでたカキ菜を入れ、軽く炒めます。
    パスタがアルデンテの約2分前に取り出しフライパンに移します。
    移す時間の手早さが大事です。
    もたもたするとパスタが延びるので1分以内が目標です。
    パスタ一人前に対し、お玉一杯分のゆで汁をパスタに加えます。
    最後の仕上げに、マヨネーズとからしを加えます。
    フライパン内のスープをパスタに吸わせます。
    マヨネーズとからしは多過ぎないように注意しましょう。
    風味程度がベストです。

アルデンテのチョイ手前で完成です。
DSC_0335
カキ菜の新芽
DSC_0337
DSC_0254
この創作パスタ、マスタードとマヨネーズとペペロンチーノにカキ菜。
なんて発想。自分でも感激です。
是非食べてもらいたいパスタ。☆☆☆3つです。

かき菜(かきな)は、アブラナ科アブラナ属の野菜。
北関東(特に群馬県館林市や栃木県佐野市など両毛地域)で栽培される伝統野菜です。
「なばな」と同系統だが、セイヨウアブラナではなく、在来種のアブラナまたはその変種と見られる。

関連記事



記事の応援をお願いします。「いいね!」をお願いします。⇩⇩






友達にこの記事を「シェア」しましょう。 下のボタンからお願いします。

関連記事

ページ上部へ戻る