激うまキムチ炒飯

DSC_0594

激うまキムチ炒飯

にんにく・生姜・コチュジャンの辛さとトマトケチャップの甘さが癖になる、
残り野菜で作る、キムチ炒飯です。

  1. 材料(二人前)
    玉ねぎ・・・半個
    にんにく・・・一片
    生姜・・・ニンニクと同量位
    その他・・・何でもOK(今回はニンジン1/3本、なす一本、長ネギ)
    キムチ・・・好みで適量
    コチュジャン・・・大さじ一杯
    調味料・・・塩・胡椒・顆粒鶏がら・ごま油・サラダ油・トマトケチャップ
  2. フライパンにサラダ油を引き、にんにく・生姜・玉ねぎ・野菜の順に塩コショウで炒めていきます。
    火が通ってきたら、コチュジャンを入れ、固まらないように具に均等に絡めます。
    コチュジャンの量で辛さが決まります。
    DSC_0582
  3. キムチをみじん切りして準備します。
    今回は、二人前でこの量です。
    ご飯とキムチ・ネギを一緒に炒めます。
    DSC_0587
  4. 炒まってきたら、ごま油で香り付けし、味見をして調整します。
    仕上げにトマトケチャップで、辛さと甘さと色合いを調整します。
    ここがポイントです。
    DSC_0591
  5. 盛り付けをして、完成です。
    トッピングに生卵の黄身を乗せると、さらに辛さがマイルドになり美味しいです。DSC_0592

韓国料理店のキムチ炒飯は、色は辛そうなのに、あまり辛すぎずどうやって作るのかなと、
キムチ炒飯を作るところを見ていたら、ケチャップを入れていました。
キムチだけで炒飯を作るとスッパ辛くなってしまうので、食べる人たちの好みで調整します。
コチュジャンやケチャップを調整して、辛いバージョンから甘いバージョンまで作り分けます。
キムチは細かく刻んでしまうのがポイントです。
調整すれば子供でも食べられるキムチチャーハンです。

関連記事

関連記事

ページ上部へ戻る