しめじともやし炒めの塩らーめん(自宅麺)

dsc_1623

しめじともやし炒めの塩らーめん

材料:塩らーめん2人前(乾麺)、しめじ1パック、ピーマン、もやし1パック、焼き豚
調味料:サラダ油、黒胡椒、鶏ガラ、昆布だし

サラダ油でピーマンとしめじを炒めます。
dsc_1616

続いてもやしを炒めて、鶏ガラと黒胡椒で味付けします。
dsc_1621

野菜炒めが出来上がったところで、麺を茹でます。
麺を茹でながら、スープを作っていきます。
dsc_1622

dsc_1625

どんぶりに付属のスープと昆布だしをチョイ足しして、お湯を300cc注ぎます。
スープ用のお湯は別に沸かしておきます。
麺が茹で上がる前にどんぶりにスープを作ります。
計量カップで300ccお湯を注ぎます。
基本的にメーカーや品種が変わっても同じスタイルです。
お湯の量を一定にして作ることで、品種ごとの味付けもよくわかります。
アレンジした調味料の濃さもよくわかります。

麺を茹ですぎないように入れて、野菜炒めと焼き豚をトッピングして完成です。
野菜炒めは鶏ガラ、塩ラーメンのスープは昆布だしのチョイタシで断然に味が変わります。
すごく美味しくなります。
醤油と味噌と比較すると塩らーめんが一番好きです。
何故か、生麺も乾麺もスープの量は計量カップで300ccで作ります。
意外と馬鹿にならないスープの量。
味の濃さが変わってしまいますので、計量カップで計ります。

関連記事

【ID:1321】

広告


 記事の応援をお願いします。

「いいね!」をお願いします。⇩⇩



関連記事

  1. 自家製ちゃんぽん麺

  2. トマトラーメン(サッポロ一番)

  3. 桜えび天そば(マルちゃん)

  4. バジルソースのハムサンドイッチ

  5. ヤマダイの「鴨汁そば」

  6. 今年初めての冷やし中華

  7. しそわかめパスタ

  8. 麺づくり・合わせ味噌(マルちゃん)

  9. 鶏の手羽元甘酢あんかけ

ピックアップ記事

  1. ペヤング「チャーハン風焼きそば」
  2. キムチ炒飯
  3. ニッポンのうまいラーメン「博多豚骨」マルちゃん
  4. しめじとキャベツの味噌風味クリームパスタ(創作パスタ)
  5. 鶏のカレー南蛮うどん
広告

男料理レシピ

  1. タコ飯(VerⅡ)
  2. 自家製チジミ
  3. ハマグリとキャベツのバター炒め
  4. 大根のアスパラ風サラダ
  5. アサリご飯

ピックアップ記事

広告

今月の人気記事ランキング

スポンサー
PAGE TOP