カップラーメンの食べ過ぎに注意しましょう!

麺類の食べ過ぎで高血圧になっちゃいました。

月に1回花粉症の薬をもらいに医者に行くのですが、今月は突然上が180とか言われました。
深呼吸をして測り直したら160というのです。
先月まではチョット高めの130台でした。
自分でも心当たりが・・。
ここのところ寒くなってから、温かいラーメンの消費量が増えていました。
1週間に4~5回食べていました。
しかもカップラーメンやカップ焼きそばが多いのです。
そしてアルコールの飲酒量です。
自分でもちょっと多いかなと思いながらダラダラと飲んでいました。
ビールは太るので焼酎です。
それでもチョット気を使って20度にしていました。

1日当たりの塩分の理想的な摂取量(目標値)

日本人の平均塩分摂取量は、男性:11.1g。女性:9.4gだそうです。
【厚生労働省の1日あたりの塩分摂取量の目標値】・・男性:8g、女性:7g未満
【高血圧学会の1日あたりの塩分摂取量の推奨値】・・6g未満
【WHO世界保険機関の1日の塩分量の目標値】・・・5g未満

塩分の含有量を調べてみました。

インスタントカップ麺の塩分含有量

マルちゃん「緑のたぬき」
食塩相当量:6.1g(麺・かやく:2.3g、スープ:3.8g)

ニュータッチ淒麺「和歌山中華そば」
食塩相当量:6.6g(麺・かやく:1.0g、スープ:5.6g)

カップヌードル「スパイシーシーフード」
食塩相当量:4.6g(麺・かやく:2.1g、スープ:2.5g)

マルちゃん焼きそば「俺の塩たらこ味」大盛り158g。
食塩相当量:5.3g

エースコック、スーパーカップ1.5「まろやか塩ラーメン」
食塩相当量:6.9g(麺・かやく:2.3g、スープ:4.6g)

わかったことは、平均カップラーメン1杯分で、1日分の理想の塩分摂取量を取ってしまうということです。
麺だけなら平均2g程度ですが、スープまで飲み干すと5~6gです。
麺だけ食べて、スープは飲まない習慣をつけましょう。
一番やばいのが焼きそばです。
スープが無いので麺と一緒に塩分を摂取してしまいます。
血圧が高いからと言って、ラーメンを食べてはダメと言われても無理なので、
塩分が気になる方は、カップ麺はお湯を多めに入れてスープを薄味にしましょう。
麺に絡んで摂取するスープの塩分が抑えられます。
カップ焼きそばは、付属のソースを半分位に抑えて混ぜましょう。
ソースの量を加減することで、塩分摂取量を半分に出来ます。
又大盛りになるほど、麺に比例して塩分が摂取されます。
どうしても食べたい方は、1つを二人で食べるとか、食べる量を減らしましょう。

パスタは塩分「ゼロ」です。

うどん、そうめん、そば、らーめんは全てに製麺する時に塩を使います。
種類や製法によって塩分濃度が違いますが、そうめんやそば等のつけ汁で食べるつゆにも塩分が多く含まれます。
パスタは製造時に塩を使いません。
パスタのゆでる時に塩を使わなければ、かなりの塩分を控えることが出来ます。
ニンニク、唐辛子、胡椒などで工夫すると美味しい減塩パスタがいただけるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る