スンドゥブチゲ

スンドゥブとは豆腐の事です。
チゲとは鍋の事です。
スンドゥブチゲは韓国風豆腐鍋です。
今回は寒くなってきたので、大きな鍋で仕込み、1日目は鍋で頂きます。
2日目は餅を入れたキムチ鍋に、3日目はラーメンを入れて頂きます。

DSC_3520
卵を落として、半熟程度に煮込みます。

DSC_3524

大きな鍋の仕込み(約10人前、3~4人で3回分)

材料:大根、かぶ、ニンジン、しめじ、シイタケ、豚バラ、竹輪、しらたき、卵、豆腐、
調味料:スンドゥブ鍋の素(調味料3人前)1袋、コチュジャン、赤みそ、かつおだしの素、昆布だしの素

大根、かぶ、ニンジン、シイタケ、しめじ、竹輪、豚バラを順番に入れて行きます。
DSC_3502
DSC_3504DSC_3506

今回はスンドゥブチゲの素を入れます。
魚介の出汁がしっかり効いて美味しくなります。
今回の鍋は10人前ぐらいあるので、このスンドゥブチゲの素は2人前なので全然足りません。
スンドゥブチゲの素を入れて、水を具材が浸るくらい入れます。
かつおだし、昆布だし、赤みそ、コチュジャンで味付けします。
DSC_3514DSC_3528
しらたきを入れます。
味が染みてヘルシーでダイエット効果抜群です。
DSC_3508

少し煮込んで味が染みればベースのスープの完成です。
DSC_3510

人数分取り分け、豆腐と卵、カブの葉を入れて食べる分だけ作ります。
DSC_3511

カブの葉や大根葉はあまり煮込まないように注意しましょう。
DSC_3517

卵が半熟になったら完成です。
DSC_3520

韓国風チゲは作る手間は一緒なので、ベースのスープを鍋いっぱいに作って、小分けして食べます。
豆腐、青菜、卵、もち、麺類はベースのスープに入れないで、食べるときに入れます。
具だくさんの出汁がいっぱい出たスープが有れば、色んな使い道が有って、楽しめます。
ご飯、もち、ラーメン、うどん、餃子等でお楽しみください。
Amazonでチェック
楽天でチェック
関連記事



【ID:5111】

広告


 記事の応援をお願いします。

「いいね!」をお願いします。⇩⇩



関連記事

  1. イワシの竜田揚げ

  2. 大鍋で作る「豚汁」

  3. イタリアンパセリのバターライス

  4. さばの醤油煮

  5. 卵の豚バラチジミ

  6. 大人の酢豚

  7. 男の鰹のたたき

  8. ピクルスを漬けます。

  9. 創味シャンタンで作る「プロの炒飯」

ピックアップ記事

  1. 激うまキムチ炒飯
  2. ジャガイモとニンニクの和風パスタ(創作パスタ)
  3. 茄子とトマトのジェノベーゼ(バジルパスタ)
  4. しらたきの舞茸和風パスタ
  5. キャベツとソーセージのペペロンチーノ
広告

ピックアップ記事

広告

人気記事ランキング

PAGE TOP