注目の記事 PICK UP!

タップリスープのボンゴレ・ビアンコ

パセリの効いたタップリスープのボンゴレを作ります。
にんにくをしっかり効かせて、アサリのスープをたっぷり吸わせたパスタです。
DSC_0561

YouTubeの動画はこちら

タップリスープのボンゴビアンコ

1.材料:2人前:パスタ・・300g、アサリ・・中パック、玉ねぎ・・1個、にんにく・・大きめ1片、イタリアンパセリ・・適量。
調味料・・・オリーブオイル・塩・胡椒・唐辛子

2.オリーブオイルに、弱火でにんにく・唐辛子の香りを付けます。
同時に別のフライパンでお湯を沸かし始めます。
パスタ鍋より早く出来ます。
DSC_0545
3.アサリを入れ蓋をして炒めます。
アサリの開いてきたら玉ねぎを入れ胡椒で味付けします。
塩は、パスタの茹で汁に使用するので、ここでは味付けしません。
アサリと玉ねぎが炒まってきたら、パスタを茹で始めます。
DSC_0550

4.パスタの茹で汁をアサリに加えてアサリのだし汁を作ります。
一人前でお玉3杯位が目安かな。
今回は二人分でスープがタップリ欲しかったので、6杯入れました。
パスタが7割位茹で上がるまで中火で煮ます。
強火で煮詰めると玉ねぎが溶けてしまうので注意してください。
DSC_0553

5.パスタがアルデンテの約7割位(麺は柔らかくなっているが、まだ芯が
しっかりある状態)でアサリのスープに移します。
ここが重要ポイントです。
アサリのスープをタップリパスタに吸わせます。
パスタはアルデンテまで茹でてはいけません。
どんどんスープを吸って、スープが少なくなっていきます。
DSC_0554

6.パセリを準備します。
自宅の庭にイタリアンパセリがあるので、摘んで準備しておきます。
今回は2人前でこれ位使用しました。
DSC_0543
DSC_0546

7.最高のゆで加減で食べたいので。
パスタがアルデンテに茹で上がる1分前に盛り付けを開始します。
パセリをきざんでタップリ乗せたら完成です。
DSC_0560
DSC_0558

子供の頃、イタリアンレストランで初めて食べたボンゴレ。
美味しくてこれがスパゲティー、パスタなのって感激しました。
今まで食べてたナポリタンやミートソースは何だったの?。という衝撃でした。
自分で何度も作って、自宅では食べられないパスタと思っていました。
ところが今では、お店に行かなくなりました。自分で作った方が美味しいです。
簡単に出来るようになりました。
誰かに食べてもらいたい一品です。
自己評価の☆☆☆3つです。
関連記事



広告


記事の応援をお願いします。

「いいね!」をお願いします。⇩⇩



関連記事

  1. ジャガイモとしめじの和風パスタ

  2. ジャガイモとニンニクの和風パスタ(創作パスタ)

  3. 夏野菜のペペロンチーノ(茄子・トマト・シシトウ)編

  4. 大根の抜き菜の和風パスタ(創作パスタ)

  5. セロリとベーコンのコンソメパスタ(創作パスタ)

  6. あっさり塩味のペペロンチーノ

  7. 味噌ラーメンの和風パスタ

  8. 舞茸と柚子ジャムの白みそ和風パスタ

  9. キャベツともやし炒めの味噌ラーメン(自宅麺)

ピックアップ記事

  1. 自由軒の名物カレーのパスタ
  2. イタリアンパセリのバターライス
  3. セロリのトマトソースそーめん
  4. キャベツともやし・竹輪炒めの生姜タンメン
  5. しめじと野菜炒めのタンメン(自宅麺)

男料理レシピ

  1. 鶏の手羽元甘酢あんかけ
  2. カレー味とバジル味の鶏肉ソテー
  3. タンドリーチキンとドライカレー
  4. 大根のアスパラ風サラダ
  5. しめじと欠き菜の油揚げ炒め

ピックアップ記事

人気記事

スポンサー
PAGE TOP