生地から作る自家製ピザ

生地から作る自家製ピザ

ピザ屋さんのチラシが入ったので、ピザが食べたくなりました。だから今日はピザです。
今日は3人なので2枚作ります。
舞茸・エリンギ・ベーコンのキノコタップリピザです。
もう1枚は、ジャガイモ・コーン・マヨの美味しい定番ピザです。

DSC_3169

生地材料:強力粉 1kg(4枚分)、イースト菌(大さじ1杯)、牛乳400cc、
砂糖(大さじ1杯)、塩(大さじ1杯)、オリーブオイル(大さじ1杯)
キノコピザ:ピザソース(市販品)、舞茸(1パック)、エリンギ、ベーコン、玉ねぎ1/2個、チーズ
コーン・マヨピザ:ジャガイモ(中1個)、コーン1缶、玉ねぎ1/2個、ピーマン1~2個、チーズ

ピザ生地を作ります。

牛乳を弱火で温めながら、砂糖と塩を溶かします。温めるだけでOKです。
DSC_3111

砂糖と塩が解けたら、オリーブオイルを加えます。
DSC_3112

良くかき混ぜてなじませます。
DSC_3114

大きなボールか大きな鍋やこね鉢に小麦粉を入れて、イースト菌を入れて良く混ぜます。
イースト菌が多いとパンのような生地になり、全然入れないとクリスピーピザの固めの生地になります。
クリスピーな生地を作る場合は、強力粉だと硬くなるので中力粉か薄力粉だけでも出来ますよ。
私は硬めが好きなので、イースト菌は少な目です。
DSC_3119

温めた牛乳を少しずつ加えながらこねていきます。
DSC_3123

牛乳が足りなくなったら、水を足して調整します。
DSC_3126

手で伸ばせる位の柔らかさで、生地に粘りが出たら完成です。
DSC_3130

イースト菌が入っているので、ラップをして発酵させます。
すぐに表面が乾燥するので、必ずラップをしてください。
イースト菌が入っていなければ、乾燥防止にオリーブオイルを塗って完成です。
DSC_3136

常温で約30~60分すると1.5倍位に膨らみます。
イースト菌が少ないと膨らみは小さいです。
DSC_3138

今回は4等分にして2つ使用します。
少し小さめで6等分でもOKです。色んな種類のピザを作る場合は重宝します。
DSC_3142

使わない生地は、オリーブオイルを塗って、空気が入らないようにすぐにラップします。
本当に数分で生地がパリパリに乾燥が始まります。
ラップをしたら、冷凍庫で冷凍保存して、またの機会に楽しめます。
常温か電子レンジの解凍でゆっくり解凍すれば、元の生地に戻ります。加熱しないでくださいね。

DSC_3149

ピザのトッピング

レンジのオーブンを予熱しながら、生地を伸ばしていきます。
オーブンレンジのトレイの大きさにクッキングシートを切ります。
手でつぶして伸ばしたら、麺棒で伸ばしていきます。
DSC_3143

トレイのサイズに収まるように四角い生地に伸ばします。
生地が小さければ丸でもOKですよ。
DSC_3150

生地が出来たら、ピザソースを塗ります。
ピザソースが無ければ、ニンニク、玉ねぎ、ピーマンのみじん切りを炒めて、トマトソースに乗せればOKです。
DSC_3153

舞茸、エリンギ、ベーコンをたっぷり乗せます。
DSC_3156

玉ねぎのスライスとチーズをたっぷり乗せます。
DSC_3158

電子レンジで下茹でしたジャガイモにコーンをたっぷり乗せて、
DSC_3157

玉ねぎ、ピーマン、チーズを乗せた後に、マヨネーズを好みでかけていきます。
キノコタップリの舞茸ベーコンピザの完成です。
DSC_3163

ジャガイモとコーンマヨピザの完成です。
DSC_3167

このチーズと一緒に焦げたマヨネーズがたまりません。
焼きたては非常に熱いので、火傷に注意してください。
ピザも下に新聞を重ねて敷いたり、口の中もやけどをしないように食べてください。
自宅で作るようになると美味しくて癖になります。冷凍ピザや高い宅配ピザは食べれません。
材料費は数百円です。生地が冷凍してあるので、又のお楽しみです。

関連記事




記事の応援をお願いします。「いいね!」をお願いします。⇩⇩




友達にこの記事を「シェア」しましょう。 下のボタンからお願いします。

関連記事

ページ上部へ戻る