自家製ビビンバ

DSC_1406

自家製ビビンバ

今日は自宅で焼肉です。
焼肉と一緒に食べたくなるのがビビンバです。
焼肉を食べに行くと必ず食べます。
韓国の混ぜご飯、本当はビビンパといい、ビビン(混ぜる)パッ(ご飯)。
混ぜご飯は皆ビビンパです。

ナムルの準備(具材)

材料:ご飯2人前、大根、ニンジン、もやし、ほうれん草、玉ねぎ、キムチ、韓国のり、卵、ひき肉(今回は肉巻きごはん)
調味料:塩、胡椒、酢、醤油、ごま油、ごま、砂糖

  1. 大根と人参のナムル
    大根と人参を千きりにして、別々の袋に入れて塩もみをして休ませます。
    DSC_1373
    酢、砂糖、ごま油で合わせ酢を作っておいて、混ぜて絡めて完成。
    DSC_1374DSC_1376
  2. ほうれん草のお浸し
    茹でたほうれん草に、先ほど使った合わせ酢に醤油をチョイ足しして、ほうれん草に合わせます。
    DSC_1377
    DSC_1379
  3. 大根とモヤシのナムル
    作ってあったもやしのサラダ。もやしと人参の千切りに、ごま、酢、ポン酢で混ぜた物。
  4. 半熟卵
    小さめの小鉢に水を1/3位張り、生卵を落とします。
    DSC_1381
    ラップをして、ひとつずつ電子レンジで加熱します。
    出来るだけ容量を落として、目視しながら加熱してください。
    500wで1分位、200wで2~3分。好みの半熟にしてください。 DSC_1382
    こんな感じに、卵だけ半熟になります。
    最後にスプーンで取ってトッピングします。
    DSC_1384
  5. 韓国のり
    味付きの韓国のりは、ごま油で手がベトベトになるので、容器の中でハサミで細かく切っておきます。
    DSC_1386
  6. 玉ねぎは、隠し味でみじん切りして、休ませておきます。
    薬味の代わりに、甘辛い食感です。時間を置くことで辛さが無くなります。
  7. 準備完了
    盛り付ける具材はすべて準備しておいてから、食べ時に盛り付けしましょう。
    DSC_1388

ビビンバの盛り付け

  1. ご飯を準備して、胡麻をふりかけます。
    DSC_1389
  2. 刻んだ韓国のりを散らします。
    DSC_1392
  3. 色合いを確認しながら、玉ねぎと卵以外の準備してあったナムルを乗せていきます。
    DSC_1394
    DSC_1395
    真中に刻んだ玉ねぎを乗せて、その上に半熟卵を乗せます。
    DSC_1398
  4. 完成です。
    DSC_1399
    DSC_1403

あり合わせの材料で、簡単に出来るビビンバです。
お店で食べると7~800円ですね。
今回はチャーシューみたいな物があったので、使ってみたら、肉巻きご飯でした。
本来ひき肉があれば、焼肉のたれで、チョット炒めて乗せたいところです。
ごまの香りと酸っぱさと甘さで、ナムルそれぞれに味付けを変えて、バランスをとってください。
キムチは細かくみじん切りのすると、ご飯とよく混ざります。
コチュジャンの代わりに辛さを調整してください。
黄身が溶け出すくらいの半熟が良かった。
大満足の☆☆☆3つです。

関連記事

ページ上部へ戻る