カレー味とバジル味の鶏肉ソテー

dsc_0626

材料:鶏のむね肉2胸、カレースパイス、バジルソース、塩、胡椒

鶏の胸肉はホークで穴を空けて冷凍しておくと柔らかくなります。
味が強いので、二つのフライパンで別々に炒めます。
dsc_0614

マレーシアで買ってきたチキン用のミックスパウダーを使います。
dsc_0613

チキンパウダーとカレー粉をかけて味付けします。
dsc_0617

もう一つはバジルソースで味付けします。
dsc_0619

鶏肉を返しながらよく火を入れます。
dsc_0620

鶏肉に火が入ったら完成です。
dsc_0621

お皿に盛り付けて完成です。
dsc_0622

dsc_0623

今回はカレー味とバジル味で味が強いので下味なしで焼きました。
もも肉より安い胸肉ですが、下処理によってとても柔らかくいただけます。
スライスしてホークで穴を空けてから下味を漬けて冷凍する方法。
ホークで穴を空けてから下味と卵の卵白で漬け込む方法とかあります。
ホークで穴を空けて冷凍するだけで、肉の繊維が壊れるので柔らかくなります。
又、味が染み込みやすくなります。

2種類作った鶏肉ソテーですが、家族であっという間に無くなりました。
もう少し食べたい美味しさで、☆☆☆3つです。
Amazonでバジルソースをチェック
楽天でバジルソースをチェック

関連記事

【ID:1301】

広告


 記事の応援をお願いします。

「いいね!」をお願いします。⇩⇩



関連記事

  1. わらじカツ丼とホルモン揚げ

  2. 鶏むね肉のナゲット

  3. 豚肉のスタミナ炒め

  4. レンコンとゴボウのきんぴら

  5. アジの漬けと海鮮ちらし丼

  6. もやしとキムチのナムルサラダ

  7. 鶏の手羽元甘酢あんかけ

  8. 簡単に出来る「トマトのリゾット」

  9. キャベツと野菜の浅漬け

ピックアップ記事

  1. しめじと野菜炒めのタンメン(自宅麺)
  2. 凄麺・横浜発祥「サンマー麺」
  3. ネギ納豆の和風パスタ(創作パスタ)
  4. セロリのベーコンのペペロンチーノ(創作パスタ)
  5. 凄麺・サッポロ濃厚味噌ラーメン
広告

男料理レシピ

  1. しめじと欠き菜の油揚げ炒め
  2. 栃尾の油揚げのアレンジレシピ
  3. 自家製焼き鳥の塩とタレ味です。
  4. トマトソースのポークソテー
  5. 自分好みの「天津飯」

ピックアップ記事

広告

今月の人気記事ランキング

スポンサー
PAGE TOP