わらじカツ丼とホルモン揚げ

秩父のわらじカツと富岡のホルモン揚げのコラボ丼です。
dsc_0888

わらじカツ丼とホルモン揚げ

++レシピ++
材料:豚肉のロース薄きり、竹輪、卵、小麦粉
調味料:塩、胡椒、麺つゆ、ウスターソース
わらじカツはヒレ肉を叩いて伸ばすと思われますが、大変なので薄きりロース肉を使います。
ホルモン揚げは材料は竹輪です。

ロース肉に塩、胡椒をして下味をつけます。
小麦粉をまぶして、卵、パン粉を付けて揚げます。
dsc_0875

薄いロースをカツとして揚げていきます。
dsc_0877

竹輪も半分に切ってパン粉を付けて揚げていきます。
ホルモン揚げは串刺しになっているそうですが、めんどうなので串なしです。
dsc_0879

揚がったホルモン揚げです。
dsc_0880

カツに漬けるソースを作ります。
出汁とソースと調和したソースを作ります。
和風の出汁でもなく、ソースカツ丼のソースが効きすぎないソースを作ります。
水と麺つゆ、ウスターソースで味を調整します。
dsc_0882

どんぶりにキャベツの千切りを盛り付けます。
dsc_0884

揚がったカツをたれに浸けて味を付けます。
dsc_0886

キャベツの上に盛り付けて、上からさらに漬けタレを回しかけます。」
dsc_0887

キャベツの千切りに竹輪のホルモン揚げを添えておかずにします。
ソースを掛けていただきます。
dsc_0891

秩父の安田屋のわらじかつはキャベツはありませんが、キャベツを敷きました。
ポイントはソースカツ丼ではないので、ソースの味は隠し味程度にしてください。
逆にホルモン揚げはソースで食べます。
とんかつソースや中農ソースよりも、サラッとしたウスターソースがお勧めです。
1人前でわらじなので、カツ2枚とホルモン揚げ1本を乗せました。
どんぶりに乗せたホルモン揚げは、出汁で味付けしてあります。
ロース肉が薄いので、大きな2枚も食べられます。
味付けがうまく行きました。
美味しかったわらじカツ丼に☆☆☆3つです。

関連記事

記事の応援をお願いします。「いいね!」をお願いします。⇩⇩






友達にこの記事を「シェア」しましょう。 下のボタンからお願いします。

関連記事

ページ上部へ戻る