わらじカツ丼とホルモン揚げ

秩父のわらじカツと富岡のホルモン揚げのコラボ丼です。
dsc_0888

わらじカツ丼とホルモン揚げ

++レシピ++
材料:豚肉のロース薄きり、竹輪、卵、小麦粉
調味料:塩、胡椒、麺つゆ、ウスターソース
わらじカツはヒレ肉を叩いて伸ばすと思われますが、大変なので薄きりロース肉を使います。
ホルモン揚げは材料は竹輪です。

ロース肉に塩、胡椒をして下味をつけます。
小麦粉をまぶして、卵、パン粉を付けて揚げます。
dsc_0875

薄いロースをカツとして揚げていきます。
dsc_0877

竹輪も半分に切ってパン粉を付けて揚げていきます。
ホルモン揚げは串刺しになっているそうですが、めんどうなので串なしです。
dsc_0879

揚がったホルモン揚げです。
dsc_0880

カツに漬けるソースを作ります。
出汁とソースと調和したソースを作ります。
和風の出汁でもなく、ソースカツ丼のソースが効きすぎないソースを作ります。
水と麺つゆ、ウスターソースで味を調整します。
dsc_0882

どんぶりにキャベツの千切りを盛り付けます。
dsc_0884

揚がったカツをたれに浸けて味を付けます。
dsc_0886

キャベツの上に盛り付けて、上からさらに漬けタレを回しかけます。」
dsc_0887

キャベツの千切りに竹輪のホルモン揚げを添えておかずにします。
ソースを掛けていただきます。
dsc_0891

秩父の安田屋のわらじかつはキャベツはありませんが、キャベツを敷きました。
ポイントはソースカツ丼ではないので、ソースの味は隠し味程度にしてください。
逆にホルモン揚げはソースで食べます。
とんかつソースや中農ソースよりも、サラッとしたウスターソースがお勧めです。
1人前でわらじなので、カツ2枚とホルモン揚げ1本を乗せました。
どんぶりに乗せたホルモン揚げは、出汁で味付けしてあります。
ロース肉が薄いので、大きな2枚も食べられます。
味付けがうまく行きました。
美味しかったわらじカツ丼に☆☆☆3つです。

関連記事

【ID:6116】

広告


 記事の応援をお願いします。

「いいね!」をお願いします。⇩⇩



関連記事

  1. 夏のスタミナ食、ゴーヤの佃煮

  2. チーズたっぷり焼きカレー

  3. キムチ鍋うどん

  4. 小海老の炊き込みご飯

  5. しめじと欠き菜の油揚げ炒め

  6. あんかけ中華そうめん(創作レシピ)

  7. ごぼうのピリ辛から揚げ

  8. 創味シャンタンで作る「プロの炒飯」

  9. トマトジュースの炊き込みご飯

ピックアップ記事

  1. 舞茸のポタージュパスタ(創作パスタ)
  2. カレー風味の焼きうどん
  3. カップラーメンの食べ過ぎに注意しましょう!
  4. 野菜タンメン(自宅麺)
  5. 豚バラとソーセージのカルボナーラ
広告

男料理レシピ

  1. エンドウの炊き込みご飯
  2. 栃尾の油揚げのアレンジレシピ
  3. 大根のアスパラ風サラダ
  4. イワシフライ
  5. 男の鰹のたたき

ピックアップ記事

広告

今月の人気記事ランキング

スポンサー
PAGE TOP