鶏肉とゴボウの赤味噌炒め

鶏肉とゴボウの赤味噌炒め

材料:鶏の胸肉、ゴボウ1本、ニンジン1~2本、
調味料:赤みそ、酒、みりん、砂糖

ゴボウの皮を包丁の背でこそぎ取ります。

皮をむいたゴボウを綿棒で軽くたたきます。
叩いて繊維を壊すことで味を染み込みやすくします。

3cm位に切って水に浸けてアク抜きします。

ニンジンを乱切りにして、ゴボウと一緒にタッパーに入れて、電子レンジで加熱します。

電子レンジで数分加熱します。
目安はニンジンが柔らかくなるのを確認します。

鶏の胸肉を乱切りにします。
少し大きめでもOKです。

お湯200ccに味噌、酒(大さじ2)、みりん(大さじ2)、醤油(大さじ1)、砂糖(大さじ1)を溶かして味噌たれを作っておきます。

フライパンに鶏肉、ニンジン、ゴボウを入れて味噌タレを入れて炒めます。

煮詰めながら炒めると味噌タレが煮詰まって無くなっていきます。
ゴボウとニンジンは火を入れてあるので、鶏肉の火の入り加減を見てください。

鶏肉に十分火が入ったら完成です。

今回はラー油とごま油を使いませんでしたが、好みでチョイ足しすると更においしくいただけます。
やっぱり白みそよりは赤みそが良いでしょう。
鶏肉がメインなのですが、ゴボウとニンジンが美味しいのです。
赤みそは愛知のメーカーの赤みそを使ってくださいね。
味が全然違います。
今回は軽井沢の釜飯のおぎのや製の野沢菜「うめい菜」と一緒にいただきます。

Amazonで本場八丁味噌をチェック
楽天で八丁味噌をチェック
関連記事



関連記事

ページ上部へ戻る