広告


カチャトラ風チキンのトマトソース

カチャトラ風チキンのトマトソース

チキン(鶏の手羽元)のトマトソースです。
手羽元が安かったので、トマトソースを仕込みます。
ゆで卵も有ったので、煮卵風に入れちゃいました。お愉しみ。

DSC_1038DSC_1032

材料:鶏の手羽元10~12個、ウインナーソーセージ10~15本、ジャガイモ(男爵)(メークイーン)各3個位。
玉ねぎ2個、ニンジン2本、トマト缶2~3個、エリンギ3本、ニンニク、唐辛子、パセリ又はバジル。
調味料:胡椒、塩、コンソメ、トマトケチャップ、赤ワイン、ウスターソース
DSC_1011

鶏肉に塩コショウをして、少しねかせます。
DSC_1012

鍋にオリーブオイルを引き、鶏肉を入れたら、鍋を振りながら炒めます。
火が入ったら、鶏肉は一旦上げておきます。
DSC_1015

ブツ切りにした野菜を入れていきます。
上からオリーブオイルを掛けて足します。
鍋ごと振りながら炒めてしまいます。
DSC_1018

野菜が炒まったら、鶏肉を戻して、カットトマトを入れていきます。
DSC_1020
DSC_1022

トマト缶と同量くらい水を足し、赤ワインを入れて、中火で焦がさないように混ぜながら、じっくり煮込んでいきましょう。
途中、鶏の油とアクが出ますので、油は捨てないで、アクだけ取りながら煮込みます。
DSC_1023DSC_1026

鶏の出汁とたくさんの野菜の旨みがスープに溶け込んで、美味しくなってきます。
材料の味が出てきたら、トマトケチャップ、コンソメを足して味を調整します。
隠し味に、ウスターソースも香辛料が入っているので美味しくなりますが、少量にしてください。
にんにくと唐辛子は好みの量で調整してください。
ウインナーソーセージは必須アイテムです。
最後にバジルかイタリアンパセリを掛けて完成です。
時間があれば、いったん火を止めて、休ませてから弱火で再度火を入れると、さらに美味しくなります。
1日目は、鶏と具をスープでいただきます。
残りは、ご飯とチーズでドリアにしたり、パスタでいただきます。

関連記事

【ID:6361】

広告


記事の応援をお願いします。

「いいね!」をお願いします。⇩⇩



関連記事

  1. 秩父の「肉の安田屋」の豚肉味噌漬

  2. 舞茸のポタージュパスタ(創作パスタ)

  3. エンドウのペペロンチーノ

  4. 塩焼きそばで作る「塩焼きそば炒飯」

  5. 納豆キムチのカルボナーラ

  6. サンマと竹輪の竜田揚げ

  7. インスタントで作るカレーラーメン

  8. 小アジのから揚げ

今月の人気記事ランキング

PAGE TOP